貿易業界に転職する方法|目標である貿易業界に転職するためのガイドブック

貿易業界についてもっと理解を深める

貿易業界に転職したいのであれば、しっかり一から学ぶ必要があります。貿易の仕事というのは、海外とのやり取りを行うなど、専門的な知識が必要となります。最近ではこのような貿易業界の求人が数多く掲載されています。求人を探す際には、インターネットを活用してみましょう。そうすることで、様々な貿易の仕事について知ることができるでしょう。

貿易の流れ

売買の契約

まずはどのような契約を結ぶのかを確認します。契約内容によっては難しい場合もありますが、会社の計画に沿った契約を行うことができるようにしっかり行いましょう。

輸出手続き

契約が決まれば、輸送手続きと通関手続きを行いましょう。輸送手続きでは、輸送する方法について決めていきます。さらに、通関手続きでは輸出通関と積込の手続きを行います。

商品の受け取り・決済

そして、商品が届くと輸入手続きを行います。その際に、輸入者側は代金の支払いを済ませ、商品を受け取るといった形になります。決済のタイミングは契約の内容によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

貿易業界に転職する方法

男性

セミナーに参加する

近年では、貿易業界のセミナーなどが開かれており、参加することで貿易業界について詳しく勉強することができるのです。そして、これまでにセミナーの参加者の多くは貿易業界に転職しています。

貿易関係の資格を取得する

貿易関係の資格というのはいくつか存在しており、その中でも貿易実務検定が人気です。貿易業務を行うにあたって必要である知識を身につけることができ、この貿易業務検定は転職する際に貿易業務の知識があるということを証明することができるのです。そのため、多くの方が貿易業務検定を取得しています。

貿易の専門学校に通う

日本には貿易の専門学校が存在します。専門学校に在籍する2年間で貿易に関する知識をしっかりと身につけることができます。さらに、貿易業界への就職活動に対応したプログラムも組まれており、これまでに多くの卒業生が貿易企業に入社しているのです。

オンラインスクール

最近では、インターネットの普及によって、オンラインで貿易について学ぶことができます。特に仕事をしていて学校に通う暇のない方におすすめです。自分のペースで勉強することができるので、効率よく勉強することができるのです。サポートなども充実しているため、分からないことがあればすぐに相談することができます。

広告募集中