貿易事務として働くことができる職業|目標である貿易業界に転職するためのガイドブック

貿易事務に向いている人

貿易事務の仕事は多岐に渡ります。そのため、様々なスキルを身につけることができるのです。特に貿易事務に向いている方というのが、海外と関わりながら英語などを使って仕事を行いたいという方や人とコミュニケーションを取ることが好きであるという方になります。たとえ貿易に関して未経験だとしても、しっかり一から学ぶことで国と国とを繋ぐ大事な役割として働くことができるのです。

貿易事務検定を取得するメリット

貿易についての幅広い知識を身につけることができる

貿易実務検定では、貿易に関する様々なジャンルの問題が出題されます。そのため、検定の勉強を行うことで、貿易に関しての色々な知識を身につけることができます。

認められた資格

貿易実務検定というのは、貿易業界をはじめとする様々な業界で認められた資格なのです。そのため、転職などで証明でき、キャリアアップを目指すことができます。年々と受験者も増えているので、ぜひこの機会に勉強してみましょう。

自分に合ったレベルを受けることができる

貿易実務検定というのは、3段階に分かれており自分のレベルに合った試験を受けることができます。1つひとつのステップをクリアしていくことによって、確実にスキルアップすることができるのです。ぜひ挑戦してみましょう。

幅広い年代の方が受けている

貿易実務検定の受験者数は年々増えており、注目されている資格の1つです。受験資格はなく、誰でも受験することができます。中には、貿易業界で活躍している方から学生まで幅広い年代に人気のある資格なのです。

貿易事務として働くことができる職業

電話

商社やメーカー

商社やメーカーでは、海外との売買契約を結んで、様々な商品を輸出したり輸入したりしているのです。その仕事こそが多くの方がイメージする貿易業務なのです。この貿易の際に必要となる書類などを作成しているのが、貿易事務になります。

通関業

通関業は、主に輸出入の代行を行います。輸出者から商品を受け取り、そして輸入者の元まで商品を届けるといった作業が行われているのです。その際に、通関手続きが必要となります。その通関手続きを行うのが、貿易事務の仕事になります。

船会社

船会社では国際運送を行っています。そして、商品を外国に届けます。その際に輸出許可手続きや輸入許可手続きが必要となるのです。この手続きを行うのも貿易事務の仕事となります。

銀行

銀行などでも貿易事務の仕事があります。それは、輸出入の際に必要となる決済などの仲介を行います。そうすることで、支払いに関しての問題なく、スムーズに貿易を進めることができるのです。

広告募集中